自然派化粧品とは?オーガニックコスメとは違うの?選び方やメリット・デメリットを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2023/3/131201

ここ数年で、以前と比べて日ごろから健康に気を配る方が増えてきています。そして食材・食品だけではなく、肌に直接つける化粧品選びにも気を使うようになった、という声がよく聞かれるようになりました。

自然派化粧品とは?オーガニックコスメとは違うの?選び方やメリット・デメリットを紹介

そのような中、「自然派化粧品」「オーガニックコスメ」といった名称が多用されるようになり、一般的にも広まっています。

とはいえ、あらためて「自然派化粧品ってなに?」と聞かれても、実はよく分からない……、ということも。

そこでここでは、「自然派化粧品」という言葉に注目して、自然派化粧品のメリット・デメリットや選び方のポイントなどをご紹介します!

ミネラルファンデーションのVINTORTE(ヴァントルテ)

自然派化粧品とは?

日本では明確に定義されてはいませんが、一般的に「自然派化粧品」とは、自然由来の原料を主成分にして、できる限り肌に不要な合成成分(合成着色料、合成香料など)や石油由来成分などは使用せずに作られた、肌と環境に配慮された化粧品全般を指します。

ちなみに自然由来とは、植物由来・動物由来や鉱物(ミネラル)成分を含みます。

そのため、自然派化粧品とはいっても「100%自然由来成分」とは限らず、製品やブランドによって自然由来成分の配合率は異なります。

なお、類似用語の「ナチュラル化粧品(ナチュラルコスメ)」と「自然派化粧品」は同じ意味を指します。

オーガニックコスメとの違いは?

自然派化粧品と同じように使われる言葉に、「オーガニックコスメ」があります。

オーガニックとは、日本語で「有機」を意味し、農作物の場合なら化学肥料や農薬を極力使用せずに栽培されたものを指します。そのため、「オーガニックコスメ」の場合は、上述のような栽培方法で育てられた植物由来の原料を使用している化粧品を指します。

自然派化粧品とオーガニックコスメの違い

そのため、自然由来成分を使ったナチュラル志向の「自然派化粧品」という大きなカテゴリーのなかに「オーガニックコスメ」も含まれる、と言えます。

ただし、「自然派化粧品」と同様、日本では「オーガニックコスメ」という名称を名乗るのに明確な定義はありません。そのため、全成分のなかでほんの少しだけオーガニックの原料を配合していれば、「オーガニックコスメ」と明記できるのが現状です。

自然派化粧品を使うメリット・デメリットは?

次に、自然由来成分を主成分にしている「自然派化粧品」を使うメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

自然派化粧品の多くは、肌への低刺激性を第一に、肌を健やかに整えて肌の不調を予防することを考えて作られています。

そのため、一般的な化粧品成分で肌が荒れやすい敏感肌の方や、季節の変わり目などで肌トラブルが起こりやすいゆらぎ肌の方などが使いやすいメリットがあります。

自然派化粧品を使うメリット

また、不要な合成成分を極力排除していることから、自然派化粧品は肌だけではなく環境問題にも配慮していることが多いのも特徴的です。

そのような持続可能な(サステナブル)製品づくりによって、自然派化粧品を使用する方の肌・心身の健やかさを長くサポートしてくれる点も、長期的な視点でのメリットとして挙げられます。

【合わせて読む】
『美肌を目指す方へ – 日々のスキンケアと生活習慣で健康的なお肌に』

『肌荒れを対策するには?肌荒れの原因や肌に良い食べ物について』

『敏感肌の正しいスキンケアを徹底解説!原因とどんな化粧品を選ぶべきか』 

デメリット

残念ながらどれだけ品質のよい自然由来成分であっても、すべての方にとって「肌に優しく刺激が全くない」とは言い切れません

花粉症や食物アレルギーなどがあるように、個々人の体質によっては、特定の自然界の物質にアレルギー反応を起こす場合があるからです。

また先述したように、日本では「自然派化粧品」「オーガニックコスメ」といった表記に関して、厳密な定義や規定はありません。そのため、ナチュラルさを謳っているが、実際にはケミカル成分が多く配合されている、というケースも否めないのです。

以上から、「自然派化粧品」と記載されているとしても、配合成分がご自身の肌に合うかどうかを確認する必要がある、という点がデメリットとして挙げられます。

自然派化粧品の選び方のポイント

では、実際に自然派化粧品を選ぶ際、どのような点に注意すればよいのか、選び方のポイントを見ていきましょう。

【肌との相性】

第一に化粧品は、「自身の肌に合うかどうか」が重要です。そのため、特定の成分に対して肌荒れやアレルギーの懸念がある場合は、全成分表示から該当の成分が使用されていないかどうかを確認しましょう。

自然派化粧品の選び方のポイント

また、上記のような特定成分への懸念はないものの、肌が敏感な方は、できるだけサンプルやミニサイズのトライアル製品で相性を確かめたり、パッチテストで肌トラブルが起きないかどうかチェックしたりしましょう。

【公式サイトでこだわりをチェック】

自然派化粧品は、肌への優しさや成分の品質の良さ、自然環境への配慮など、こだわりをもって作られていることが多くあります。

そのため気になる製品やブランドがある場合は、どのような点が特徴なのかを公式サイトなどでチェックして、ブランドのこだわりポイントを納得した上で選ぶことをおすすめします。

自然派化粧品VINTORTE(ヴァントルテ)

以下では、大人の敏感肌のための京都発自然派化粧品ブランド「VINTORTE(ヴァントルテ)」のアイテムをご紹介します!

VINTORTEは、シルクパウダー配合で保湿力のあるミネラルファンデーションをはじめとしたミネラルコスメや、ヒト型セラミドボタニカル成分(植物由来成分)にこだわったスキンケアライン「ボタニカルセンシティブシリーズ」を展開。

2011年の誕生以来、国産の敏感肌コスメブランドとして、「敏感肌に悩むすべての女性を肌悩みから解放し、肌が持つ潜在的な美しさを引き出す」ことを願って商品開発を行っています!

■VINTORTE(ヴァントルテ)について詳しく見る▶

おすすめの人気スキンケアアイテム

ボタニカルモイストウォッシュ(洗顔料)

潤い守って毛穴汚れはすっきりな洗顔フォーム「ボタニカルモイストウォッシュ」。
ボタニカルモイストウォッシュ

もっちりとした濃密泡がモコモコのクッションになり、毛穴に詰まった皮脂や汚れを落としながら、潤いは守って肌に摩擦を与えずに洗い上げる洗顔料。

植物由来の洗浄成分と保湿効果が期待できる京都産カイコまゆエキス配合で、肌に必要な水分・油分は残します。

さらに、保湿成分の5種のヒト型セラミドと3種の植物幹細胞エキスが、乾燥しやすい肌に潤いを与えてバリア機能を整えます。

■ボタニカルモイストウォッシュの商品詳細を見る▶

ボタニカルモイストセラム(美容液)

年齢サインが気になる肌のバリア機能を整えて、ふっくらハリを与える美容液「ボタニカルモイストセラム」。
ボタニカルモイストセラム

保湿美容成分ヒアルロン酸や4種のヒト型セラミド、5種の植物幹細胞エキスやカイコまゆエキスが、乾燥肌や年齢肌に不足しがちな潤いとハリをプラスし、肌表面のバリア機能を整える美容液。

カミツレ花エキスやセイヨウオトギリソウ花エキスなどの植物エキスが、目元・口元の乾燥ジワやたるみ毛穴などのエイジングサインが気になる肌をひきしめて、キメの整った肌へと導きます。
■ボタニカルモイストセラムの商品詳細を見る▶

その他、こだわりのボタニカル成分と高保湿成分ヒト型セラミド配合のクレンジング、化粧水、保湿クリームが揃っています!

■VINTORTE(ヴァントルテ)スキンケアライン「ボタニカルセンシティブシリーズ」について見る▶

おすすめの人気メイクアップアイテム

ミネラルCCクリーム

カラーコントロール・日焼け止め・化粧下地・毛穴カバー・美容液の1本5役の多機能CCクリーム「ミネラルCCクリーム」。
ミネラルCCクリーム

ひと塗りで、うるおってツヤめく1本5役(カラーコントロール・日焼け止め・化粧下地・毛穴カバー・美容液)の多機能CCクリーム。

紫外線をカットする紫外線防止効果(SPF50+ PA++++)、美容成分による優れたスキンケア効果、気になる毛穴や凸凹をカバーするメイクアップ効果でナチュラルなツヤ肌を叶えます。

ミネラルとエーデルワイスエキスなどの希少なオーガニック成分である6種の植物エキス配合。一日中潤いが続き、酸化セリウムにより肌の色素沈着を引き起こすブルーライトからも肌を守ります。

敏感肌にやさしい低刺激処方で、シリコン、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。敏感肌パッチテスト済み。
■ミネラルCCクリームの商品詳細を見る▶

ミネラルシルクファンデーション

パウダーなのにしっとりうるおう、毛穴やテカリをカバーする「ミネラルシルクファンデーション」。
ミネラルシルクファンデーション

敏感肌・乾燥肌にやさしくメイクしているのを忘れるくらい軽いつけ心地ながら、ソフトフォーカス効果で毛穴やくすみ・テカリをしっかりカバーするパウダーファンデーション。

皮脂吸着パウダー配合で時間が経つほどに皮脂ときれいに混ざり、皮脂を広げることなく一日中テカリを防ぎながら美しいツヤを与えます。また、肌触りの良いパフが簡単にふんわりきめ細かい仕上がりを実現。

SPF25 PA++で日常の紫外線をカットでき、ピュアシルクパウダーの保湿力で「パウダーなのにしっとりうるおう」新感覚に!

敏感肌にやさしい低刺激処方で、シリコン、パラベン、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。
■ミネラルシルクファンデーションの商品詳細を見る▶

美容液ミネラルリキッドファンデーション

美容液成分91%以上!光のソフトフォーカス効果で肌の凹凸も飛ばし、なめらかな均一肌へと導く「美容液ミネラルリキッドファンデーション」。
美容液ミネラルリキッドファンデーション

コラーゲン、プラセンタエキス、ヒアルロン酸、スクワラン、セラミドなどの美容液成分91%以上配合、スキンケア処方のリキッドファンデーション。メイクしている間も美容液成分が角層に浸透し、みずみずしいハリツヤ肌へと導きます。

光のソフトフォーカス効果で肌の凹凸も飛ばし、軽いつけ心地なのに気になる毛穴やシミ・クマをしっかりカバーしてなめらかな均一肌へ。光老化のスイッチ因子をストップさせるイザヨイバラエキス配合で、光老化から肌を守ります。

敏感肌にやさしい低刺激処方で、シリコン、パラベン、エタノール、鉱物油、石油系界面活性剤・紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。
■美容液ミネラルリキッドファンデーションの商品詳細を見る▶

ミネラルUVパウダー(色がつかないフェイスパウダー)

肌にやさしく紫外線カット!テカリ崩れを防止して透明美肌が続く日焼け止めフェイスパウダー「ミネラルUVパウダー」。
VINTORTEミネラルUVパウダー

紫外線カット(SPF50+ PA++++)・保湿ケア・テカリ防止が叶うミネラルUVパウダー。

天然ミネラル成分とピュアシルクパウダー配合で、長時間くすまず透明感のあるツヤ肌へ。特殊コーティングで時間がたっても崩れず、美肌をキープします。また、肌触りの良いパフが簡単にふんわりきめ細かい仕上がりを実現。

ブルーライトも99.4%カットでき、外部刺激から肌を守ってしっとり感が続きます。

敏感肌にやさしい低刺激処方で、鉱物油、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤など9つの無添加処方。石けんで落ちる処方。
■ミネラルUVパウダーの商品詳細を見る▶

■肌に刺激のある防腐剤やシリコン、合成香料などを含まない肌に優しいミネラルコスメ「VINTORTE(ヴァントルテ)」ミネラルメイクアップアイテム全製品を見る▶

【合わせて読む】
『ベースメイクの正しい順番は?きれいに仕上げるためのポイントを解説』

相性の良い自然派化粧品で肌も心も上向きに!

これまで肌に合うスキンケアやメイクアップ化粧品と出合えていない方、今お使いの化粧品の成分が気になるようになった方は、「自然派化粧品」をお試しになってみてはいかがでしょうか。

ご紹介した選び方を参考にしていただき、肌も心も上向きになるような自然派化粧品で健やかな毎日を過ごしてくださいね。

【あわせて読む】
『お肌のハリと弾力を保つには?ハリ不足の原因とお手入れ方法をご紹介』
『顔の毛穴が開く原因は?開き毛穴におすすめのスキンケアと対策』
『ニキビ肌のケア方法は?おすすめのスキンケアや対策方法を解説』
『肌のくすみの種類と原因を解説!タイプ別対策も』
『肌荒れの原因と対策を徹底解説!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VINTORTEトップページBEAUTY JOURNALトップページ